公園デビューで悩んでいるお母さんへ

公園デビューで悩んでいる若いお母さん。
つらい思いをしていることと思います。
そんな方は、ぜひキリスト教会を訪ねてみてください。

そこにはあなたと同じようなお子さんを持ったお母さんがたくさんいます。
みんなあなたをやさしく暖かく迎えてくれます。

「私は優しくないし、暖かくないから、教会なんて行ける人間ではないわ」ですって?
いいえ、みんなそれぞれ悩みや欠点を持っているんです。
でも教会では神様があなたを優しく包んでくれます。
そして神様の優しい愛をいっぱいもらって、みんなやさしくなれるんです。

毎日行く公園での付き合いや、同じ産院だったママ友とのお付き合い。
自分が悪く思われたら子どもも仲間はずれにされてしまうのではと思って本当の自分より明るく振舞ったり、いい人を演じてしまっていませんか。

教会ではそのままのあなたでいいんですよ。
そのままのあなたをそのまま受け入れる、それが神様です。
あなたのすばらしいところを喜んでくださる。それが神様です。
あなたの汚いところをきれいにしてくれる、それが神様です。

老若男女・・・赤ちゃんからお年寄りまで

教会では「教会学校」もしくは「日曜学校」という名前で子供のための礼拝が毎週日曜日9時頃から行われています。
0歳児から高校生までの子どもたちがお母さんやお父さんと一緒に教会に集まっています。
「うちの子はやんちゃでじっとお話なんか聞いていられないわ。」
全然平気です。
おとなしい子やうるさい子、いろんな子供がいます。
一人一人違って当然です。
だって神様はその子をそんなふうにお作りになったのですから。
そして一人一人の子供を、そしてあなたを神様は愛しているんです。

教会学校の後、10時もしくは10時30分頃から大人の礼拝があります。

子連れでも大丈夫。
子供を遊ばせながら、あるいは授乳をしながら礼拝に参加できる母子室がどこの教会にもあります。
絵本やおもちゃ、マンガもおいてあります。
幼稚園を併設している教会では、晴れた日は園庭で遊べます。

教会デビューしませんか。

教会であなたと同じ悩みを持ったお母さんとくっちゃべってみませんか。一緒に子育ての話をしましょ
一緒に子育ての悩みを話し合ったり、だんなのグチをこぼしたりしましょ。
毎週日曜日の朝があなたに元気を与える朝になりますよ。

一人で悩んで、ノイローゼになったり、変な新興宗教に走ったりする前に、教会を訪ねてみて下さい。
教会は、そして神様はいつもあなたを待っています。暖かいあなたの友達が、そこにいます。


どこに教会があるの?

北陸3県の方はこちらをご覧下さい。
それ以外の方はこちらをご覧下さい。
教会のリストがあります。
お近くの教会を選んで下さい。

いますぐ相談したい方は小松教会の牧師・松島保真がご相談に乗ります。メールをください。


特別の事情のある方もぜひ教会を訪ねてみて下さい。
保育士(保育園保母)や幼稚園教諭、小中高の教師など、保育や教育の専門家も教会には多く集まっています。
せいいっぱいあなたの期待に応えるようにします。
私たちに力はないかもしれません。
しかし、神様があなたに安らぎを必ず与えて下さいます。

君は母と神様に愛されているんだよ 会議が開かれました。
地球からはるか遠くで
“また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ”
天においでになる神様に向かって 天使たちは言いました。
“この子は特別の赤ちゃんで たくさんの愛情が必要でしょう。
この子の成長は とてもゆっくりに見えるかもしれません。
もしかして 一人前になれないかもしれません。
だから この子は下界で会う人々に
とくに気をつけてもらわなければならないのです。
もしかして この子の思うことは
なかなか分かってもらえないかもしれません。
何をやっても うまくいかないかもしれません。
ですから私たちは この子がどこに生まれるか
注意深く選ばなければならないのです。
この子の生涯が しあわせなものとなるように
どうぞ神様 この子のためにすばらしい両親をさがしてあげてください。
神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。
その二人は すぐには気がつかないかもしれません。
彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。
けれども 天から授けられたこの子によって
ますます強い信仰を より豊かな愛をいだくようになることでしょう。
やがて二人は 自分たちに与えられた特別の
神の思し召しをさとるようになるでしょう。
神からおくられたこの子を育てることによって。
柔和でおだやかな二人の尊い授かりものこそ
天から授かった特別な子どもなのです”
「天国の特別な子ども」
詩:エドナ・マシミラ
訳:大江祐子
(訳者の許諾を得て掲載しています:禁無断転載)
兄弟たち、あなたがたが召されたときのことを、思い起こしてみなさい。
人間的に見て知恵のある者が多かったわけではなく、能力のある者や、家柄のよい者が多かったわけでもありません。
ところが、神は知恵ある者に恥をかかせるため、世の無学な者を選び、力ある者に恥をかかせるため、世の無力な者を選ばれました。
また、神は地位のある者を無力な者とするため、世の無に等しい者、身分の卑しい者や見下げられている者を選ばれたのです。
新約聖書 コリントの信徒への手紙一 第1章26節〜28節
(C)日本聖書協会

ご希望の方は小松教会の教会学校長「ウルトラの親父」(昭和33年生まれ・子供3人の父親)がご相談にのります。メールをください。


小松教会ホームページのトップページへ